Rhinoceros 製品情報

製品紹介

Bring the Latest Professional Rendering Technology into Rhinoceros.

Brazil for Rhinoはライノ 4.0上で動作する高精細なレンダリング・プラグインソフトです。


カンタン操作で、高詳細なイメージを

Brazil for Rhinoは、世界中のCGアーティスト達の高度な要求に応える、SplutterFish社 Brazil r/s 2.0と同じ技術を搭載した、ライノ専用のプロフェッショナル・レンダラー。
映画や映像制作の現場で鍛え上げられた表現力は、建築やプロダクト、グラフィックデザイン等、様々なニーズに応え、操作においても柔軟に対応します。

操作は、高詳細なイメージをそのままに、"Expert"(エキスパート)と"Simple Controls"(簡単設定) の2種類の設定モードを用意。
"Expert"モードでは、詳細な設定で、プレゼンテーションに多彩な表現を。
"Simple Controls"モードは、簡単な設定で、素早くイメージを制作します。


Find more photos like this on Brazil for Rhino

次世代ライノの新ビジュライゼーション機能"RDK"に、いち早く対応

"RDK"(ライノ・レンダラー開発キット)は、ライノ上でのビジュアライゼーション効果を向上させるためのプラットフォーム。
この"RDK"をエンジンに、レンダリングに様々な表現を与えるプラグインが続々開発中!
Brazil for Rhinoは、"RDK"にいち早く対応し、その効果を直接レンダリングします。

例えば、"EdgeSoftening"(エッジ・ソフトニング)プラグインは、レンダリングやシェーディングに、仮想のフィレット/面取りをモデル上に表現。
幾何形状データに変更を加えず、レンダリングメッシュ形状にフィレットや面取りを施し、そのモデルは、ポリゴンメッシュのデータとして出力も可能。他のレンダラーやRPへの活用も!

EdgeSoftening設定 Brazil for Rhinoレンダリング EdgeSoftening効果をポリゴン出力

その他、現在公開中のRDKプラグインは、こちらをご覧ください。

プレゼンテーションにさらなる表現を

Brazil for Rhinoは、GI(グローバル・イルミネーション)とレイトレース技術をエンジンとした多機能レンダラー。プロフェッショナルな現場で、様々なニーズを実現します.。

  • 3Dモーションブラーのサポート
    アニメーションツール"Bongo"と組み合わせ、躍動感を表現。
  • トゥーン/NPR(ノンフォトリアリスティック)効果
    NPRマテリアルをブレンドして、アーティスティックな効果を。
  • ボリュームメトリックライト
    シーンに光跡を表現。印象的なイメージを。

Brazil for Rhinoの多彩な機能は、機能紹介をご覧ください。