Rhinoceros 製品情報

製品紹介

modeling tools for designers

今日ものづくりを迅速かつ効率的に進めるためには、コンセプトをいち早く正確なカタチにし、設計、研究、開発、マーケティング、製造部門に伝えるためのツールが必要になります。手書きのスケッチや図面、スキャニングデータを基に、もちろんあなたの頭の中にイメージされたアイデアであってもRhinoceros(ライノセラス、通称ライノ)を用いれば、正確にモデリングすることはもちろん、モデリングされたデータからドキュメント作成のためのレンダリング、アニメーション、作図や解析、さらにはCAMのような加工データや建築設計データの生み出すことができます。

カタチを創るためのすべてがここに

Rhinoがあればカタチを作り編集し、解析図面レンダリング画像、アニメーションの作成、そして形状や次数、大きさの制約なしにNURBSカーブ、サーフェス、ソリッドを変換することができます。もちろんリバースエンジニアリングやラピッドプロトタイピングには欠かすことのできないポリゴンメッシュ点群データもサポートしています。

自由、それはカタチだけではありません
Rhinoが生み出す自由形状の3次元モデリング。あなたのイメージを正確にカタチにします。使われる分野も自由様々。工業デザインはもちろん、機械設計金型設計試作製造建築宝飾マルチメディア、FEM・CFD等解析など、Rhinoは使う人や分野を制約することはありません。
小さなものから大きなものまで
高精度な金型や人工心臓といった精密製品から、航空機、船舶、スタジアムのような建築物まで、Rhinoはカタチの大きさも選びません。それはミクロからマクロまでを許容できる精度が備わっているからです。そしてサーフェスモデラーゆえに実現可能な曲面連続性。滑らかで品質の高いの複合サーフェスを作ることができます。
また、カタチだけではなくブロックワークセッションを利用することにより個人利用だけでなく、大規模モデル、大規模組織での利用を可能にしています。
優れたデータ変換性
DXF,DWGはもちろん、IGESSTEPフォーマットをサポート。CATIA、Creo、UG等のCADとのデータ交換が可能です。RhinoでCADデータを読みCGへポリゴン出力。バーチャルなCGとリアルなCADとの橋渡しを、またSTL出力によりラピッドプロトタイピング等試作モデルへ応用も可能です。